マンダレー&ミングォン1日観光欲張りツアー($90)に参加しました!

マンダレー旅行を計画中のみなさん!

せっかくマンダレーまで行くならば、マンダレーにほど近いミングォンという街にもぜひ行ってみてください。 ミングォンには、インスタ映え間違えなし、女子なら1度は見てみたい真っ白なパゴダがあるんです。

今回、私はマンダレーとミングォンがセットになった欲張りツアー($90)に参加してみましたので、その様子を詳しくご紹介したいと思います。

※ツアー代金にはボート代、入域料、ランチも含まれています
※1名様のみで参加の場合、2人分の料金

マンダレー&ミングォン1日観光ツアーのスケジュール

1日でマンダレーとミングォンの見どころをまわってしまおうという欲張りなプランです。

ホテルピックアップ(8時)…ガイドさんが宿泊ホテルのロビーまで来てくれます。

※空港ピックアップも選べます!

ボートでミングォンへ…1時間弱の船旅、エーヤワディー川の景色を楽しめます。

ボート

ミングォン パヤー(パゴダ)…完成していれば世界最大の仏塔に。

ミングォオン パヤー

シンピューメェ…インスタ映えスポット!真っ白な仏塔。

シンピューメェ

ボートでマンダレーへ…帰りは40分程度です。

ランチ(12時頃)…洗練されたミャンマー料理レストラン。

ミャンマー伝統スタイル

旧王宮…ミャンマー最後の王朝を復元。

旧王宮

シュエナンド―僧院…木造の僧院。

シュエナンド―僧院

クドードォ パヤー(パゴダ)…経典が刻まれた石版が納められた729の小仏塔。

クドードォ パヤー

マンダレーヒル(夕日鑑賞)…マンダレーの聖地。

マンダレーヒル

ホテルへ(18時) ※空港への送迎も選べます!

マンダレー&ミングォン1日観光ツアー体験記

マンダレーとミングォン、1日のうちに2つの街へ行くとっても欲張りなツアーでした。ここからはツアーの様子を体験記風にご紹介します。

※ツアーの内容は人数や曜日によって変更になることがあります。

ホテルまでお迎え

ポッパ山観光に引き続き、今日のガイドも女性ガイドさんでした。ピョーピョーニェインさん。なんと、ガイドもしながら、日本語学校も経営されているとか。

あ、ピョーピョーニェインさんの服装を見てわかる通り、12月のマンダレーの朝はけっこう寒いんですよ。

ツアーに必ずついているお水。

船着き場にGO!

マンダレーからミングォンという街に行くのですが、ミングォオンの街はエーヤワディー川の対岸です。ミングォンへは船で移動します。というわけで、まずは船着き場にやってきました。

船なんですが、何隻も横付けされているので、自分たちの船にたどり着くまで、何隻か船の上を渡らせてもらいます。

本日のクルーズ船はこんな感じ。

コーヒーでも飲んで優雅に~。ちょっとしたクルーズ旅も体験できちゃいますね。

1時間弱でミングォンに上陸

1時間弱でミングォンに到着します。ここからはガイドさんと一緒に徒歩での観光です。

ミングォンに上陸したら、ミングォン観光のチケットをGET!5000チャット、約350円するのですが、なんとこのツアー、チケット代金がツアーに含まれています。

チケットを持って最初に見たのはこちら。

小さいですね!!!!

と思ったら、これから見る「ミングォン パヤー(パゴダ)」の完成予定の模型なんだとか。ミングォオン パヤーは18世紀末に、世界最大の仏塔を作ろうとして建設を始めたらしいのですが、王様が亡くなり工事が中止になってしまったそうです。

ミングォン パヤーの模型を過ぎて進んでいくと、お土産屋がちらほら。ミングォンを訪れる観光客がけっこういるというわけですね。

こちら、ミングォン パヤーの前につくられたライオン。2体あるのですが、どちらも壊れてます。

そして、こちらがミングォン パヤー。 この写真では大きさがよくわかりませんね。

どどーん。入口付近に立っている人と、大きさを比較してみてください。めちゃめちゃでかい。

どどーん。横から見てもでかい。 バガンでたくさん遺跡を見ましたが、その巨大さにこんなに圧倒されるのは初めて。 しかし、作りかけというだけでなく、かなり壊れているのが残念。

ガイドさんの説明では、当時はバガン時代より、煉瓦建築の技術が後退してしまったのだとか。

世界最大級の大鐘も

巨大仏塔のために造った大鐘もありました。仏塔の中に収められる予定だったそうです。重量90トン!

いよいよインスタスポット!シンピューメェ

そして、ミングォオンのメイン!シンピューメェに。

まずは階段で上を目指します。

回廊も素敵。

ミャンマーのパゴダは金色にすることが多いけれど、ここは白亜の塔。お妃さまの死を偲んで建てれた塔だそうですよ。

ミングォン パヤーはものすごい大きさですが、こちらもかなり大きいです。インスタ映え写真を狙うなら、ファッションにもこだわって行った方がいいかもしれませんね。

船でマンダレーに戻ります

シンピューメェで思う存分写真を撮ったら、再び船でマンダレーに戻ります。船からは人々の生活も見ることができますね。

マンダレーに着いたら、車に乗り込みます。そろそろお腹がすいてきた頃ですよね。

ミャンマー伝統スタイルごはん!

ランチは小皿がいっぱい並ぶ、ミャンマーの伝統的なスタイルです。この出し方にもだいぶ慣れました。

が! ローカルの雰囲気を残しながら、ちょっと洗練されたお味なのは気のせいでしょうか。

写真右上にポテトサラダのようなものが出てきたのですが、酸味があって、おしゃれサラダという感じ。デパ地下のお惣菜コーナーでミャンマー風サラダって名前で売ったら人気が出そうです。

メインのカレーはマンゴー豚肉カレー。マンゴーのフルーティーな香りがカレーにものすごく合います。

そして、ガイドのピョーピョーニェインさんおすすめはレモンの葉っぱ。おかずと一緒に食べるとさわやかな味に変わります。

食事の最後は食べるお茶も。左側はミャンマーのかりんとう。米粉とココナツシュガーでできているそうです。 このツアー、ランチがとってもおすすめです!

午後の観光は王宮から

このツアー、午前中はミングォン、午後はマンダレーの観光となります。マンダレー最初の目的地は旧王宮。 ミャンマー最後の王朝「コンバウン朝」の王宮です。日本軍と英印連合軍の戦闘によって焼失してしまい、これは1990年代に再建されたもの。

マンダレー観光をするには、ミングォンの入域料とは別に入域料が必要です。10,000チャット(約700円)ですが、これはツアー代に含まれていますよ。

当時を想像しながら、王宮見学を楽しみましょう。

なかなか興味深かったのが1番奥にある博物館。今のロンジー(ミャンマーの民族衣装)もいいけれど、昔のロンジーも美しいですね。

塔の上から王宮全体を眺めました。大きな建物の後ろにあるのは、王様の奥方や子どもたちの家。何人もの奥さんがいたそうです。

木造建築のシュエナンド―僧院

ミャンマー旅行をしていて木造の古い建物を見ることは少ないのですが、王宮の次に訪れたシュエナンド―僧院は木造です。

この建物は王宮から現在の場所へ移してあったため焼失を免れたんだそう。

シュエナンド―僧院の彫刻は美しいです。再建された王宮より見ごたえがある気がしてなりません。 先ほど見た王宮の建物が、すべてこういった建物ばかりだったら…。

巨大経典で有名なクドードォ パヤーも見ごたえ十分

次は世界記憶遺産になっているクドードォ パヤーです。午後は車を利用して、マンダレー市内の観光地をどんどんまわっていきますよ。

クドードォ パヤーのまわりには729の小仏塔があるのが特徴です。

この仏塔1つ1つの中には石版があり、経典が刻まれています。世界最大の経典を作ろうとしたわけです。

小仏塔に囲まれた中央には大きな金色に輝く仏塔がありますよ。バガンのシュエズィーゴンがモデルになっているそうです。

ラストはマンダレーヒル!

ツアーもいよいよクライマックスです。最後に訪れたのはマンダレーヒル。エスカレーターまたはエレベーターを使って上に行くことができます。 このエスカレーターから裸足にならなければなりません。人生初の裸足でエスカレーター。

頂上まで行くと、スタウンピー パヤーの入館料1000チャット(約70円)を支払います。あ、もちろん、ツアーにこれも込み込みですよ。

景色は最高!ぐるっとマンダレーを見渡すことができます。

光が反射してより美しいです。

そして皆さんお待ちかねの夕日タイム。お坊さんも一生懸命写真を撮っています。ヤンゴンからどれだけ夕日を見ているんでしょう。ミャンマーでは毎日、夕日三昧です。

ホテルにて終了

18時、ホテル前にて終了です。あっという間のマンダレー1日観光でした!

このツアー3つのおすすめポイント

  1. 1日でミングォンも楽しめてしまう欲張りツアー
  2. 美味しすぎるミャンマーローカルフード&食べるお茶
  3. 入域料込みの価格

1日でミングォンも楽しめてしまう欲張りツアー

普通はミングォンはマンダレー観光と別日にするかと思います。しかし、このツアーでは、マンダレーの観光スポットを厳選し、1日でミングォンとマンダレーを両方楽しんでしまいます。

美味しすぎるミャンマーローカルフード&食べるお茶

このツアーのミャンマー料理、本当に美味しいです。さらに、食べるお茶の体験までできてしまうのがポイント。

入域料込みの価格

ミャンマーって入域料を取られることが多いんですよね。たとえお寺に入らなくても、そのエリアに入るために必要な入域料。このツアーでは、マンダレーとミングォンどちらも行きますが、入域料はすべてツアー代に含まれています。

マンダレー&ミングォン1日観光のまとめ

個人的な感想ですが、今回のツアーの中では、やはりミングォンのシンピューメェの美しさがもっとも印象的です。マンダレー旅行をするなら、ぜひ見に行ってほしい場所だと思いました。

しかし、個人で行く場合、自分で船着き場に行って船に乗らなければいけません。

ホテルでタクシーを頼んでというわけにはいきません。これは、自分でプランを立てる旅の初心者さんにはちょっとハードルが高いかもしれませんね。 しかし、ツアーを利用すれば、1日でマンダレーとミングォオンを効率よくまわることができてしまいます。

自力でミングォオンに行くのが心配な人にすごくおすすめなツアーだなと思いました。 また、マンダレー市内観光ツアーに申し込もうと考えている人も、ミングォオンを追加することで、より充実した1日になると思いますよ。

ツアーお申し込みについて

ツアー料金・スケジュール等を確認のうえ、お申し込みください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする