ヤンゴン発バガン行き JJ EXPRESS に乗ってみた!~バガンのホテル送迎付きで予約~

ヤンゴンから世界遺産バガンへの交通手段にお悩みではありませんか。夜行バスで行ってみたいけど、旅行に慣れていないから、ちょっと心配…。

そんな人におすすめなバスは、JJ EXPRESS(JJ エクスプレス) の夜行バスです。バガン行きのバスは、いろいろな会社があるようですが、JJ EXPRESSは、乗車も簡単、さらに清潔で快適、英語もばっちり通じるので、個人旅行初心者さんにとってもおすすめだと思います。

今回は、現地日系旅行会社、おはようミャンマーさんの「ヤンゴン発バガン行き夜行バス・ホテル送迎付き($29)JJ EXPRESS利用」を体験してみました。おはようミャンマーを利用せず、JJ EXPRESS のサイトから予約する人も、基本的な利用の仕方は同じだと思うので参考にしてください。

「ヤンゴン発バガン行き夜行バス・ホテル送迎付き($29)JJ EXPRESS利用」の概要

JJ EXPRESSのサイトから、英語で個人で予約可能ですが、英語はちょっとね…。と言う場合、現地日系旅行会社「おはようミャンマー」が代理で予約してくれます。さらに、おはようミャンマーで予約した場合、29ドルでバガンのバスターミナルからバガンのホテルまでの送迎も付いています。

出発・到着時刻

20時発(ヤンゴン)-翌6時着(バガン)

※集合…Aung Mingalar Highway Bus Stop の JJ EXPRESS office、19時30分
※到着…Bagan Shwe Pyi Highway Bus Terminal の JJ EXPRESS office

含まれるもの

①JJ EXPRESS の20時発バガン行きのバスチケット(First Class)

➁バガン・ニャウンウーのバスターミナル(シュエピー ハイウェイ バスステーション)からホテルまでの送迎(車&ドライバー)

※ホテルは、どのエリア(ニャウンウー、ニューバガン、オールドバガン)でも同一料金!
※①に含まれるもの…ペットボトル水、軽食

料金

$29/お一人様

2人目以降、割引有!ご相談ください。

予約&購入方法

★おはようミャンマーのお問い合わせはこちら★

現在、ツアーの予約フォームを作成中です。

ツアーについての質問は、このウェブサイトを管理している「ざわわ」がお返事いたしますのでお気軽にご連絡ください。

販売会社

Ohayo Travels & Tours Co., Ltd

おはようミャンマーのウェブサイトはこちら

「バガン行き夜行バス・ホテル送迎付き」(JJ EXPRESS)の利用方法

概要がわかったところで、ここからは「JJ EXPRESSのバガン行き夜行バス」の具体的な利用方法です。実際に私が体験してみたので、その様子を書いていきたいと思います。

バスターミナルは自分で!

ミャンマー各地へのバスが発着するバスターミナル、「アウンミンガラー ハイウェイ バスストップ(Aung Mingalar Highway Bus Stop)」が今回乗るバスの出発地です。

【Googleマップ:アウン ミンガラー ハイウェイ バスストップ】

ヤンゴン市内中心部から、このバスターミナルまでは自分で行く必要があります。「えええ?、いきなりハードル高いんですけど!」と思った皆様ご安心ください、きれいな路線バスでバスターミナルまで行くことができます。

36番のバスが楽々

タクシーやグラブでもバスターミナルまで行けますが、私は36番のバスを使って行きました。タクシーは交渉するのが不安ですが、路線バスなら安心して乗れます。

乗り場は市庁舎の横です。

【Googleマップ:36番バスの乗り場】

バス乗り場からは、スーレーパゴダが見えますよ。

料金は格安の200チャット(約14円)です。バス料金は乗車してすぐに、運転手横の箱に入れます。お釣りは出ないので、200チャットを用意して乗りましょう。

ここで注意点、36番バスは複数の行き先があり、バスターミナルへ行かないものもあります。行き先はバスの正面に書いてあるようなのですが、ミャンマー語のみなのですぐに判別するのは難しい。

というわけで、乗車する際には、必ず運転手に「アウンミンガラーバスストップOK?」みたいな感じで確認してください。

私は早めにバスターミナルに行ったので、道は全く混んでいませんでした。所要時間は1時間弱といったところ。でも、どうやら夕方はかなり混雑し、2時間くらいかかることもあるようです。

20時発、19時30分には到着しなければならないので、余裕をもって17時にはバスに乗るのがよいでしょう。

36番バス乗車のポイント
◎乗り場は市庁舎前
◎料金は200チャット(お釣りナシ)
◎乗車時にアウンミンガラーバスストップへ行くか確認
◎17時には乗車

36番バス降車からJJ EXPRESSオフィスまで

バスを降りたら、JJ EXPRESSのオフィスを歩いて目指します。バスターミナルは広く、バス会社によってはオフィスを探すのは大変かもしれません。しかし、JJ EXPRESSのオフィスは非常にわかりやすい場所にあります。

バスを降りたら、Maw La Myaing Streetと書かれた青い看板を見つけて、その道へ入ってください。

すぐに、JJ EXPRESSのオフィスがありますよ。

【Googleマップ:JJ EXPRES】

JJ EXPRESS オフィスでチェックイン

オフィスに着いたら、チェックインします。おはようミャンマーで予約した場合、バウチャーが送られてくるので、バウチャーとパスポートを提示します。

するとこんな、シールをもらえました。シール右上の番号がバスの番号、右下が座席番号。これを胸にペタッと貼り付けておきましょう。

出発30分前まではフリータイム

チェックインを済ませたら後は出発30分前にオフィスにいればOKです。かなり早くついてしまっても、バスターミナルは広く、けっこう時間をつぶせます。

私は前々から挑戦してみたかった、ミャンマー風のおでんを食べました。

KFC(ケンタッキー)まで、ありますよ。

バスターミナルは本当に広いので、迷子にならないようスマホなどで、自分の位置を確認しながら動くのがおすすめです。

ラウンジの利用可

また、JJ EXPRESS のファーストクラスラウンジを利用するのも良いです。チェックインカウンター横の階段を上がるとラウンジです。

すごく豪華…というわけではありませんが、ソファーやテーブルが用意されています。フリーWiFiもあります。電源もあるので、安心してインターネットが使えました。でも、私が利用した日は、けっこう停電が多かったです。すぐに復旧していましたが。

ラウンジで待っていると、無料コーヒーのサービスもありました。ここで、バガンについて調べるのもありですね。

ラウンジではなく1階に、当然と言えば当然ですがお手洗いと洗面所もあります。けっこうきれいなので、出発前に歯磨きもできますよ。

19時30分乗車

出発30分前になったら、乗車できました。バスのフロントガラスに番号が書いてあります。先ほどもらったシールと同じ番号か確認して、安心して乗車できますよね。

バスは、予定通り20時頃バスターミナルを出発しました。

既に書きましたが、余裕をもって乗車したいので、20時出発とはいえ、19時30分には必ず、JJ EXPRESS に到着しているようにしましょう。

JJ EXPRESS 車内の様子とサービス

車内はきれいなフローリングでした。2列+1列の座席になっています。

シートはこんな感じ。ブランケットが用意されているのですが、これが案外薄い。冷房が強いので、おそらくほとんどの人は半そででは耐えられません。私は半そでのTシャツに薄い長そでシャツで乗車しましたが、パーカーの方がよかったなと思いました。

トレーナーくらいあってもちょうどよいかもしれません。

座席前にはペットボトルのお水とビニル袋。

飛行機みたいなモニターが各席についています。ヘッドホンは言えばもらえるようです。私はもらいませんでした。

音楽が聴けるだけでなく、映画が見れたり、ゲームができたりします。

足元には電源あり。充電もばっちりできちゃいますね。

全員が乗車すると、軽食が配られます。あ、この写真でお気づきの方もいるかもしれませんが、座席には折り畳み式のテーブルもついています。

真ん中のパンがけっこう美味しかったです。夜ご飯は、バスターミナルのローカル屋台で食べて、これは翌日の朝ごはんにしてもいいかもしれません。私は配られてすぐに食べちゃいましたが。

さらに、飲み物のサービスもあります。コーヒー、お茶、ジュース。約2時間後にトイレ休憩があるので、よっぽとトイレが近くなければ、飲み物ももらっておきましょう。

荷物のことを書いていませんでしたが、もちろん、大きな荷物(スーツケースやバッグパック)はバスの下の荷物入れに預けることができます。私はパソコンが入ったリュックサックなので、車内に持ち込んでしまいました。

JJ EXPRESSの夜行バス、かなり、ハイクオリティですよね。

22時、途中休憩

22時頃、約30分のトイレ休憩があります。全員バスを1度降ります。

トイレは本当にきれいなので安心して利用できました。

夕食を食べられなかった人は、ここで食事もできますよ。

ローカルフードが苦手な人も大丈夫です。

この休憩の後も、途中休憩がありましたが、今度は全員強制ではありませんでした。食事をするというよりは、トイレのみの休憩です。もちろんきれいなトイレでした。

ドライバーさんがバガンのバスターミナルにお迎え

早朝、バスがバガンのニャウンウーにあるバスターミナル「Shwe Pyi Highway Bus Terminal(シュエピー ハイウェイ バスターミナル)」に到着します。

バスを降りたら、普通はタクシーを探さなければいけないのですが、おはようミャンマーの29ドルのチケットは、ホテルまでの送迎もセットなので、その必要はありません。

ネームプレートを持ったドライバーさんが待っていますよ。

宿泊ホテルまで、車で楽々到着です!

今回、私はニャウンウーというバスターミナルと同じエリアにあるホテルで近かったのですが、ニューバガンやオールドバガンなど違うエリアでも、同料金、お一人様$29です。

ちなみに2人以上の場合、2人目からは$20!

ヤンゴン発バガン行き JJ EXPRESS のまとめ

JJ EXPRESS よりも安いバスも色々あるようですが、JJ EXPRESSのバスの旅は非常に快適でした。英語が通じるのは当然、サービスも丁寧でで飛行機に乗るような感覚で利用できると思います。海外で初めて長距離バスを利用する人も安心して利用できるのではないでしょうか。

また、おはようミャンマーでバガンのホテル送迎と合わせて予約すれば、バガン到着時のタクシーの交渉もしなくて済んでしまい、さらに楽々、バスを利用することができてしまいます。ミャンマーは、発展途中の国。まだネットの情報も少なく、最新情報も変化しやすいので、旅の初心者さんは、日系旅行会社の力を借りるのも1つの方法だと思います。

★おはようミャンマーのお問い合わせはこちら★

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする