ミャンマー旅行記7日目 「おはようミャンマー」のバガン1日観光ツアー!馬車に乗ったよ

2019年12月1日(日)★ ミャンマー旅行7日目。バガンの街にやってきた、ミャンマー旅行中のハノイ在住女子のざわわです。バスでバガンに早朝到着し、午前9時から「おはようミャンマー」さんの日本語ガイド&馬車付きの1日バガンツアーに参加してきました。夕日まで、めいっぱいの内容でした。

JJ EXPRESS&バガンのホテル送迎($29)を利用

今回おはようミャンマーさんには、ツアーだけでなく、ヤンゴンからバガンへの移動のバスも手配してもらいました。

手配してもらったのは、安心の「JJ EXPRESS(JJエクスプレス)」。

エアコンはちょっときつめだけれど、きれいなバスでとっても快適でした。詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

昨日の夜に出発したバスは、早朝、まだ暗いうちにバガンのバスターミナルに到着。バガン…といっても、ニャウンウーというエリアのシュエピー ハイウェイ バスステーション(Shwe Pyi Highway Bus Station)というところに到着します。

そして、おはようミャンマーさんには、バスと一緒にホテル送迎もセットでお手配してもらいました。バスが到着すると、写真のような感じで、ガイドさんがお迎えしてくれました。

※今回は、この後ツアーに参加するため、ガイドさんが迎えに来てくれましたが、通常はドライバーさんのみのお迎えです。(ドライバーさんは片言の英語のみ)

これ、めっちゃ安心じゃないですか。自分で、タクシーを探して、交渉する必要なし。

料金は、バスと送迎セットで、なんと$29/1名様! どこのエリアに泊まっても同じ価格です。

送迎車がバガンで迷子になる!

送迎付きなので安心♪

と、思ってたら、ガイドさんとドライバーさん、ゲストハウスの場所がわからないって…。どうやら、ゲストハウスが新し過ぎたみたいです。そこで、地元のお店に入って、場所を確認してくれました。

ガイドさんが、道をお店の人に尋ねるついでに、そのお店でミルクティーをおごってくれました。甘くてちょっぴり苦いミルクティー、これは朝にちょうどいいですね。

サモサも食べてしまいました。油っぽいモノの暴飲暴食はやめようと思ったのに、バガン着いて早々、食べている…。

このお店で面白いもの発見。なんとライターが柱からぶらさがっていましたよ。

で、ゲストハウスの場所は?

はい、OKらしいです。ガイドさん、場所を把握してくれたようです。

めっちゃキレイ!「Bagan Vibes」

空が段々、明るくなってきたころ、ゲストハウスに到着しました。「Bagan Vibes Hostel(バガンバイブスホステル)」という、現地ガイドさんも把握してない新しいゲストハウスです。

このゲストハウス、中庭にプールがあって、めちゃめちゃキレイ。早朝到着し、まだチェックインタイムではなかったけれど、お部屋にも入れてくれました。

朝から、シャワーも浴びさせてもらいました。

それで、屋上に上がると…

おぉ、美しい朝日。素敵なバガン滞在が始まる予感。

馬車でまわるバガン

朝9時、1度別れたガイドさんが、ゲストハウスの前に迎えに来ました。

この1日バガン観光ツアーについて、詳しいことはまた別の記事に書こうと思うのですが、ちょこっとだけ、旅行記にもバガンツアーのことを書いておこうと思います。

このツアーのポイントは、何と言っても馬車の体験があること。馬車でまわる、バガンは風情がありました。個人的にもう1回乗ってもいいかも。

車の中から見る景色の何倍もいい感じ。

有名なタラバ―門の間を馬車で進みます。

バガン観光は、車やバイクでまわるのもいいけれど、1度は馬車に乗ってみるのもありだな、と思いました。

またまたミャンマー飯にはまる

そして、ツアーのランチタイム!…すごっ。

この小皿がいっぱい出てくる、お料理の出し方、ミャンマー料理の定番の出し方なんだそうですが、ここで、私は初めてこの食べ方を体験したのでした。

色んな味があって、全然飽きません。そして、どれもわりと濃いめの味付けなので、ご飯がすすみまくり!

またまた、ヤンゴンではカフェで食べるミャンマー料理を食べることが多かったのですが、こういう地元風の料理を食べて、さらにミャンマー料理好きになってしまいました。

やっぱりバガンの夕日が素敵

こんなのとか。

こんなのとか。

こんなのとか。

色々パゴダや寺院を見てまわったのですが、しめくくりは何と言ってもアレです。

バガンに沈みゆく夕日。私も写真を撮りまくったけど、みんなものすごい写真を撮っていました。

夕日まで見ると、大満足。

ヤンゴン発の日帰り観光もあるようですが、バガンは1泊以上するべきですね。

夕日を見た後は、泊まっているゲストハウスまで車で送ってもらいました。ガイドのイエールウィンさんありがとうございました!

しめくくりはバガンの屋台飯

ツアーであんなに食べまくったのに、ちゃっかり夕飯を食べに行くことにしました。ゲストハウスから徒歩で行ける範囲に、ローカル屋台があったので、夜ご飯を食べに。

そうしたら、本日2度目の小皿飯の登場!

チキンのカレーとその他おかず色々。これで終わりかと思ったら、あと、もう1品出てきました。全部で2000チャット、約140円だそうです。安ーい!&美味しーい!

今日はバガンの序章ですな

バガン1日観光ツアーを体験した、バガン初日。まだまだバガン序章ですね。明日から、普通の街の様子とか、色々見ていきたいと思います!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする