ミャンマー旅行記13日目 ポッパ山日本語ツアーが意外と楽しかったのです。

2019年12月7日(土)★ ミャンマー旅行13日目。バガンについてすぐに思いました。「ポッパ山行き乗り合いタクシー」っていう看板がめっちゃあるなぁ、と。宣伝の効果は恐ろしいものです。段々、ポッパ山へは行かなければいけない気がしてきます。

というわけで、ミャンマー13日目は、このサイトのパートナー現地旅行会社、「おはようミャンマー」さんの日本語ツアーで、バガンからポッパ山へ行くことにしました!

ちょっとリッチな朝ごはん

ミャンマーに来て今まで、ヤンゴンもバガンも10ドル前後のゲストハウスに泊まっていましたが、初めてホテルに泊まりました。ま、ブッキングドットコムの割引価格で20ドルですが、でも、それでも、なんだかいつもより豪華な朝食!

中庭で朝食を食べられ、気分もいいですよ!「バガン セントラル ホテル」、私はとても気に入っています。

ポッパ山ツアーは意外と楽しいよ!

ポコッと飛び出た形が印象的なポッパ山。

ツアーの細かいことは、また、別の記事で書こうと思います。

が、ずばり!このツアー、意外と楽しいです。ネット情報を読んでいると、わざわざ行くまでもないかなぁ、という気になってくるんですけどね。実際に行ってみると、案外楽しい。

現地の格安英語ツアーで行った人の記事だと、ポッパ山到着前にココナツ製品のお土産屋に立ち寄ったみたいな感じで書かれているのですが、実はそのお土産屋さんは色々な体験ができる場所!それがけっこういいのですよ。

まずは、牛を利用して、ピーナッツの油をとる体験。

出来立てのパームキャンディーの試食。アツアツで美味しいのですよ。

写真スポット。

お茶の葉の試食。

と、まあ、こんな感じでポッパ山到着前に、色々楽しめてしまいました。

そして、いよいよポッパ山に登頂…。

って、こうやって書いていくと長くなりそうなので、やっぱりツアーについてのお話は別記事で。

とにかく、ポッパ山は最初、行っても行かなくてもどっちでもいいと思っていたけれど、案外楽しいので時間がある人はぜひぜひ行ってみてください!

ガイドのラインさんの夢

ガイドのラインさん。

今回のツアーは、ガイドのラインさんと雑談をしました。ラインさん、将来はガイドをしつつ、バガンにお店(カフェやお土産屋)を持ちたいんだとか。

ぜひ、持ってほしいです!

というのも、今回バガンをまわってすごく思うことことの一つに、おしゃれなお土産屋さんとカフェがまだまだ少ないということがあります。これだけ観光客がいるなら、絶対にもっと素敵なカフェがあった方がいい。

ヤシの木園で売っていた箱。ここに、パームシュガーとか、タマリンドのお菓子とか、何種類かお貸しを入れて売ったら、かわいいよねー、などなど話は盛り上がりました。

13日目は1日ポッパ山だったので、日記はこの辺でおしまい。

詳しくは、ツアー体験記にて!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする