日本語カックー遺跡1日観光ツアー($82)体験記。ワインも飲めるよ!

ミャンマー旅行、旅程に少し余裕があるならば、インレー湖と一緒に観光できる「カックー(Kakku)遺跡」に行ってみてはいかがでしょうか。カックー遺跡に到着した瞬間、2478塔を越えるパゴダが並ぶその姿に圧倒されるはず。

今回私は、おはようミャンマーの「日本語カックー遺跡1日観光ツアー($82)」に参加してきたので詳しくご紹介します!

カックー遺跡ってどんなところ?

カックー遺跡はミャンマーのシャン州、インレー湖の街ニャウンシュエから南東に約70kmのところにある遺跡です。

インドの王様がこの地に仏塔を建てたのが起源だそうですが、12世紀にバガン王朝の王様、アウランスィードゥー王が、この周辺に住むパオ族とシャン族の人々に、各家庭1つの仏塔(パゴダ)を寄進するように指示し、最終的に2478塔を越える仏塔群になったそうです。

2000年に外国人に開放された場所なので、観光地としての歴史は新しく、またバスや鉄道などの公共交通機関がないため、ときに「ミャンマーの秘境」として紹介されることもあります。

カックー遺跡1日観光ツアーのスケジュール

インレー湖の街、ニャウンシュエのホテルからスタートです。ヘーホー空港ピックアップも選ぶことができますよ。

ホテルピックアップ(9時)…ガイドさんが宿泊ホテルのロビーまで来てくれます。

※空港ピックアップも選べます!

ワイナリー…ワイン4種の試飲ができます。

ワイナリー

パオ族の村…市場や民家を見学します。

市場

ランチ…あっさりとしたシャン地方の料理

シャン料理

カックー遺跡…お待ちかねのカックー遺跡

カックー遺跡

ホテルへ(17時) ※空港への送迎も選べます!

カックー遺跡1日観光ツアーの体験記

ここからはカックー遺跡1日観光ツアーの体験記です。日本語ツアーでカックー遺跡へ行くと、どんな感じの観光になるのか、実際にツアーに参加したつもりで読んでくださいね。

ニャウンシュエのホテルにピックアップ

朝はホテルまでピックアップに。今日のガイドはカンさん。ミャンマーは、女性の日本語ガイドさんが多いですね~。

車に乗って最初の目的地に向かいます。

ミャンマーのワインを飲んでみる

ツアーで最初に訪れるのは、ワイナリー。ミャンマーでワインを作っているイメージは全くないと思いますが、カックー遺跡のあるシャン地方は、標高が高く気温差が激しいため、隠れたワインの産地。

ブドウ畑の中に入ることができます。ブドウの実がついていることがわかりますか。

ミャンマーでもっとも有名なワイン、クジャクのマークがついた「エーターヤー ワイン(Aythaya Wine)」を試飲します。赤ワイン、ロゼ、遅摘みワイン、白ワイン…

普段、お酒を飲まないので美味しいんだかどうだか、よくわからないです。ごめんなさい。

自分で飲んで試してみてね。

そして、飲んだワインはもちろん購入可能。

エーターヤーワインは、ヤンゴンのスーパーでも購入可能ですが、まだまだ日本での知名度は低く、日本で買うのはなかなか難しそう。

お酒好きの方は、お買い求めお忘れなく。

タウンジーの街を通り抜けます

ワイナリー見学のあとは、シャン州の州都タウンジーの街を通り抜けます。

古い情報によると、タウンジーでパオ族のガイドを雇う必要があると書いてありますが、今はいなくてもよいみたい。

ちなみに今回のガイド、カンさんはパオ族ではなくシャン族です。

ノンカー村の市場見学

このツアー、カックー遺跡だけじゃないのがいいところ。ローカル市場へも立ち寄ります。

黒の民族衣装を着ているのはパオ族。頭はタオル!というのが面白い。

ローカルの薬がいっぱい売っていました。レトロかわいいですね。

そして、数日前インレー湖ツアーで食べたトマト。トマトはやはりこの地方の重要な作物みたいです。

パオ族の民家も見学

市場だけでなく、地元の人が住んでいる家も見学します。この日やってきたのはウィンヤ村。

葉っぱが土で茶色になっちゃっていますね。決して枯れているわけではありません。

大量のトウモロコシ。村では、人々の生活を垣間見ることができます。

ランチはカックー遺跡を眺めながら

ワイナリーや村に立ち寄り、ようやくカックー遺跡に到着です。こちら、車を降りてすぐの写真。

目の前に広がるカックー遺跡。大物感あります。

さあ、カックー遺跡へレッツゴー!、とその前に、ランチタイムです。なんと、このレストラン、カックー遺跡を見ながら食事を楽しむことができちゃいます。

シャン地方料理のセットメニュー。ヤンゴン、バガン、マンダレーと油っぽい料理が基本のミャンマー料理でしたが、シャンの料理は油っぽくありません。

チキンカレーはサラッとしていて、明らかに今まで食べてきたカレーと違う。

揚げ物ですが、これも食べやすかったです。ひよこ豆のお豆腐揚げですよ。

カックー遺跡はやっぱりすごかった

お腹がいっぱいになったところで、いよいよカックー遺跡へ入ります。入場料は、ツアー代に含まれていますが、受付で名前を記入してから入りますよ。

まず、中に入る前に全体像を把握。ものすごく広いことがわかりますね。

さあ、中へ入ってみましょう。

耳を澄ませば、シャラン、シャラン、と傘についた鈴の音が聞こえ、どこか物語の世界に迷い込んだような感覚に…。好きなだけ、思う存分写真を撮ってくださいね。

大きく複雑な装飾のモノ。

数は少ないですが、中が空洞になっているのは寺院スタイル。

そして、仏塔のてっぺんにある傘の形にも注目。傘の形が異なるのは民族の違いだそうです。

仏塔だけでなく、涅槃像もありますよ。って、仰向けのタイプってものすごく珍しくないですか?

遺跡の端には金の豚が。1度はその存在が忘れ去られていたカックー遺跡を、再発見した豚なんだとか。

豚のほかに馬もいました。

お米が供えられている!

最後は水面にうつるカックー遺跡を撮影。この写真はマストですね。

帰り道は、好きな風景があったら車をとめて

帰り道は、来た道と同じ道を引き返しますが、お気に入りの景色があったら、車をストップさせることもできます。

私は、ひまわり畑の写真を撮影してみました。12月なのにひまわりの花が咲いています。

ホテルに到着

ニャウンシュエのホテルに戻り、ツアー終了。あっという間のカックー遺跡観光でした。

このツアー3つのポイント

  1. カックー遺跡+α(ワイナリーや村見学)
  2. 安心の日本語ガイド
  3. 遺跡の見えるレストランのランチ付き

カックー遺跡+α(ワイナリーや村見学)

専用車をチャーターして自分で行く方法もありますが、ガイドさん同行のこのツアーなら、ワイナリーやローカル市場も体験できます。カックー遺跡プラスアルファを色々楽しみましょう。

安心の日本語ガイド

ガイドは日本語ガイドなので、英語が苦手な人もでも安心して参加できます。シャン族のガイドさんがほとんどなので、シャン族とミャンマー族(他の地域のガイドさんはミャンマー族が多い)の生活や文化の違いなども質問してみてください。

遺跡の見えるレストランのランチ付き

料金82ドルの中に、昼食も含まれます。贅沢にカックー遺跡を眺めなが、ランチを楽しんでください。ビルマ族との味付けの違いにも注目です。

このツアーのまとめ

カックー遺跡は、ミャンマーらしい風景に出会いたい!そんな人におススメの場所です。パゴダがずらりと並ぶ風景、そして風が吹くたびに聞こえる鈴の音、異国の地を体感できるはずです。カックー遺跡でしか見ることのできない景色があなたを待っていますよ。

また、このツアーで行けば、お一人様82ドルでカックー遺跡だけでなく、ワイナリーやローカル市場の見学も楽しむことができるのがとってもお得。シャン地方独特の文化に触れられるのもこのツアーの特徴です。

※ツアーの参加者が1名様の場合、お二人分の料金となります。

ツアーお申し込みとお問い合わせについて

ツアー料金・スケジュール等を確認のうえ、お申し込みください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする